特集!ナレッジマネジメント徹底ガイド

総合ランキング

住友電工情報システム
総合評価★★★★★
アクセラテクノロジカビ式会社
総合評価★★★★
ゼロイン
総合評価★★★★

ホーム > ナレッジマネジメントの豆知識 > ナレッジマネジメントの意味や利点とは

ナレッジマネジメントの意味や利点とは

起業したばかりで人数が少ない企業の場合には、個人の中にある経験や知識、スキルなどの情報も流れやすく自然と共有することができますが、企業の拡大により人数が増えると、共有は難しくなってしまいます。
定年まで一つの企業に務める人が減った今の時代では、退職者が出ることによってその人の持っていた暗黙知がなくなるので社内が混乱してしまうということにもつながります。
そうならないためにも、特定のシステムや機械に関連した技術だったり取引先の情報といった、個人の中でのみ認識されている暗黙知を社内で共有できるようにすることをナレッジマネジメントと呼んでおり、近年注目を集めています。
個人が持っている経験やノウハウを企業内で共有することにより、社内全体の生産性向上につなげることができます。


ナレッジマネジメントを積極的に導入することにより、ありとあらゆる業務の効率化だったり、組織全体でより生産性の高い仕事に経営リソースを振り分けることができるようになります。
知識や有益な情報を企業全体でしっかりと共有することにより、新しい価値を創造することもできます。
成功した方法の共有をすることにより、業務の効率化につながるだけではなく、失敗した事例も共有することにより、失敗というリスクを回避することにもつながるのではないでしょうか。
ナレッジマネジメントにより企業全体で共有することで、今までは見落としていた改善点も明らかになります。
個人の有益な知識やノウハウを共有することができれば、企業の向上につなげることができ、リスク回避にもなるという一石二鳥の方法となります。


ナレッジマネジメントを導入することにより、必ずしも良い結果になるばかりではありません。
成功させるためにも、共有をしただけで満足してしまわないようにするということは基本として頭に置いておくようにしましょう。
トップが空回りしてしまい、ナレッジマネジメントの重要性を社員が理解していないとなると、良い結果にならないことは確かです。
それ以外にも、情報量が多すぎたり情報の分散となれば成功にはつながりにくいので、成功のためには方法をよく考えておく必要があることは間違いありません。
時代の流れとともに、従来のようなナレッジマネジメント方法は通用しなくなってきており、ナレッジマネジメントの手法自体をアップグレートする必要もあるということも、しっかり頭に置いておくようにしましょう。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP