特集!ナレッジマネジメント徹底ガイド

総合ランキング

住友電工情報システム
総合評価★★★★★
アクセラテクノロジカビ式会社
総合評価★★★★
ゼロイン
総合評価★★★★

ホーム > ナレッジマネジメントの豆知識 > ナレッジマネジメントの意味や利点

ナレッジマネジメントの意味や利点

企業の向上をさせたいときに頭に置いておくべき点が、ナレッジマネジメントです。
個人が持っている経験による知識やスキル、ノウハウといった暗黙知を企業内で共有することにより、全体的な生産性を向上させるための管理手法となっています。
小規模な会社で人数も少なければ、ナレッジと呼ばれる個人が持っている経験やノウハウは、自然と情報も流れるので共有しやすいですが、企業拡大などで人数が増えると、個人の暗黙知を企業内で共有することは難しくなります。
ナレッジマネジメントを行うことにより、社内全体の生産性向上につなげることが可能となります。
休職者や退職者が現れたときにも、社内が混乱することがないというのもナレッジマネジメントの大きなメリットということは間違いないのではないでしょうか。


ここ数年でナレッジマネジメントという言葉が身近になりましたが、それ以前は言葉で伝えられるものではないと考えられることが多く、共有が難しいものとされてきました。
しかし、近年のIT技術の進歩や、経営工学の進展など、ナレッジマネジメント用のアプライアンスやサービスの提供がされるようになってあり、選択肢も豊富でその必要性が高いことは間違いないと言えます。
暗黙知を形式知文章や図表、数式などの形式知に転換することで、組織的に共有することができるようになれば、さらに高度な知識を生み出巣ことができます。
そうなることにより、組織全体を向上させて進化させることができるというのが、基本的なナレッジマネジメントの考え方であり、行うのと行わないのとではかなり大きな差が生まれることになります。


ナレッジマネジメントを成功させる上で忘れてはならないのが、共有できただけで満足しないようにするという点です。
ただ単に共有してみて、企業の向上につなげることができないとなれば、実施した意味はありません。
そうならないためにも、共有で満足して終わってしまわないように気をつけましょう。
当然のことですが、今の時代でも全ての暗黙知が形式知へと転換できるというばかりではありません。
ですが今の時代は暗黙知を形式知へと転換するための統計学だったり、人工知能を導入した方法もあるので、一昔前に比べると転換は確実にできるようになっています。
どのような方法を選べば、効率が良いのかということを考えた上で、それぞれの会社に適しているナレッジマネジメントを行うようにしておきましょう。

カテゴリ

PAGE TOP