特集!ナレッジマネジメント徹底ガイド

総合ランキング

住友電工情報システム
総合評価★★★★★
アクセラテクノロジカビ式会社
総合評価★★★★
ゼロイン
総合評価★★★★

ホーム > ナレッジマネジメントの豆知識 > ナレッジマネジメントの意味やメリット

ナレッジマネジメントの意味やメリット

ベテランの社員や管理職の中で蓄積されてきた知識が、若い世代の社員には受け継がれていないと感じらことは、会社の中ではよくあることではないでしょうか。
その際に役立つのがナレッジマネジメントです、個人が持っている経験やノウハウを企業内で共有することによって、社内全体の生産性向上につなげる手法であり、日本語では知識管理と訳されKMと略されることもあります。
定年まで同じ会社で働く人が減った今の時代では、ゆっくり教えていくことはできず、情報共有をすることは企業にとって重要です。
特定のシステムや機械に関連した技術、取引先の情報といった個人の中でのみ認識されている暗黙の知識を体系化し、社内で共有できるようにするナレッジマネジメントに力を入れてみるべきではないでしょうか。


個人の持つ知識や情報は大きく分けると形式知と暗黙知の二つがあります。
形式知は、言葉や文章で表現されるものであり、データーなどがあります。
その一方で暗黙知:は、知っていても言葉や文章で表現しにくいものであり、経験則やノウハウがそれに当てはまります。
この放っておいては表に出ることのない暗黙知である、社員の知識や情報などを、企業の財産として共有し活用することができるようにするのがナレッジマネジメントの効果です。
ノウハウを皆で共有することにより、全社的な成績の向上に繋げることが可能となります。
ナレッジマネジメントを行なっておくことで、退職者や休職者が現れた時にも社内が混乱してしまうこともなくなります。
安定かという意味でも、ナレッジマネジメントを行うべきではないでしょうか。


個人の持つ知識や情報を組織全体で共有することは非常に大切なことであり、ナレッジマネジメントを確率することが出来ることによって、業績が上がる可能性を高めることが可能となります。
グループウェアやオンラインストレージなど、ありとあらゆる方法がありますが、社内でナレッジマネジメントが難しいと感じた場合には業者に依頼して見たり、様々なシステムを導入してみるようにするべきではないでしょうか。
形式知とは違い暗黙知となれば、マニュアルや研修、オフィスの中で共有すればできることもあります。
共有することができる範囲内はもちろんのこと、難しいことも含めて意識的にナレッジマネジメントを進めることによって、組織全体の業務効率化を図ることができ、経営の向上につながることは間違いありません。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP