特集!ナレッジマネジメント徹底ガイド

総合ランキング

住友電工情報システム
総合評価★★★★★
アクセラテクノロジカビ式会社
総合評価★★★★
ゼロイン
総合評価★★★★

ホーム > ナレッジマネジメントの豆知識 > ナレッジマネジメントについて知っておこう

ナレッジマネジメントについて知っておこう

ナレッジマネジメントとは、企業がこれまでに蓄積した経験や知識、すなわち独自の営業におけるノウハウや顧客情報、技術情報などといったさまざまな情報を会社全体で共有して、企業が持っている競争力を向上させて活性化させる経営の手法のことを指します。
アナログな方法ならば、朝礼や社内会議などもナレッジマネジメントであると言えて、顧客情報やスケジュールの管理などをすべてデータベース化することによって、すべての社員が閲覧することが出来るようにするという高いスキルが必要なマネジメントもあります。
事業や企業などが大きくなってくると情報の共有が非常に難しくなってくるため、業務における障害などが発生しやすくなります。
これらの情報をどのようにして集約して共有するのかということが重要です。


ナレッジマネジメントを導入することは、企業の価値をしっかりと高めることが出来るチャンスにもなると言っても過言ではありません。
社内にナレッジマネジメントを導入することによって、すべての社員が社内の文書や重要な事項などといった情報にいつでもアクセスすることが出来ようになります。
これまでの口頭や会議で共有をするよりも正確で尚且つスピードにも優れているため、企業の中で大事な営業ノウハウなどをデータベース化することによって、価値のある専門的な情報をすぐに共有及び伝達することが可能となっています。
そのようにした結果、社員の生産性を向上したり企業における競争力を高めたりすることができるというわけです。
さらに、他の部門と情報の共有をすることが出来るので、新しいサービスを創造出来るかもしれません。


最近はインターネットなどが発達したことによって、顧客満足度及び意見などをあらかじめしっかりと集約することで、企業経営にきちんと活用することが出来るようになっています。
カスタマーサービスにおけるナレッジマネジメントをさらに強化することによって、開発現場及び営業部門に顧客の意見をしっかりと届けることができるようになり、企業競争力を向上することが出来るでしょう。
営業では、新規のクライアントへ対するアポ及び受注に欠かすことが出来ない人脈や顧客情報などをあらかじめしっかりとデータベース化することによって、スピーディーに営業活動をすることが出来ます。
これまでのアナログな方法からデーター情報に移行して、管理をすることによって同じ文書を作成する手間を省くことが出来ます。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP