東京で新築マンションの物件を購入するときに気を付けることは

このエリアでは圧倒的に中心部指向のために

東京の新築マンションの物件を購入しようとする場合にはいろんな意味で慎重にかつ冷静な思考で決断をする必要があります。まず第一にこのエリアの建物は他地域に比べてかなり高額な傾向があります。そしてそれは中心部へ行けば行くほど高額になります。というのはこの地域では中心部指向が圧倒的に高く、いろんな意味でメディアが騒ぐからです。特に不動産の専門家に言わせれば、中心部ほど資産価値が高く、郊外型は売れないとか資産価値が落ちるとか喧伝をしています。その中心部では土地の値段が高すぎるために事実上億ションに相当する建物が目立つようになります。となるとそれらの建物を買えばもちろん固定資産税も高くついてしまいます。

身の丈にあったエリアと価格帯でないと

そんな中心部へ行くほど人気が高く、かつコストも高くついてしまう東京の新築マンションの物件ですが、1つ目に注意することはメディアの言うことを鵜呑みにしすぎて安易に購入しないことです。というのはこのエリアでは大勢の金持ちが存在しているからです。いろんな業界で一攫千金を夢見て事業で成功した成金たちとその子孫たちが数多く暮らしています。それのためにこのエリアの中心部の平均年収は1500万円を超えてるとも言われます。中には1か月で100万円を超える賃貸住宅に暮らしてる人も珍しくありません。いくら資産価値が落ちにくいといえども、これだけのお金持ちが大勢暮らしてるエリアで年収1000万円以下の庶民が暮らすにはローンの返済、税金の支払、修繕積立金や管理費などすべてにおいてハードルが高すぎてしまいます。なのでメディアに踊らされることなく、自分の身の丈にあった他のエリアと価格をしっかりと調べてから決断が大事になります。

これはあくまでも自分たちが生涯暮らすための建物

そしてさらに気を付けることは新築マンションの物件はあくまでも自分たちが暮らすための建物であることです。一部の富裕層たちや外国人投機屋は東京の中心部の建物を投機や投資や相続税対策などの目的で購入するなどしています。しかしこれらの目的で買うすることはある意味では危険行為になりかねません。というのは政府や国税庁ではそれらの動きに対して規制強化の動きを本格化させようとしているからです。実際に相続税逃れをしようとしたとして追徴課税をされた事例もあるし、相続税の基準を引き下げてきています。なので投機目的で買おうとする場合、投機目的で買ってる戸数が多い建物は要警戒となります。さらに同じ建物でも上層階に対しては下層階よりも固定資産税を引き上げる動きも見せています。たとえその建物が全戸自分たちが住むために買ってたとしても、今後は上層階の人は下層階の人よりも余計に税金を払わなければならない時代が到来します。そのあたりも考えての決断が必要になります。そして最後はどんなマンションも集合住宅であることに変わりはありません。その集合住宅を維持していくためには定期的な大修繕と多額の修繕費や管理費、さらにその管理計画が要求されます。その修繕費と管理費を出ていくまで生涯毎月定期的に払い続けられる経済力がある人、そして建物維持管理を自分たちが参加して検討しようとする人だけがその建物で暮らせる資格を得られることになります。言い換えれば建物維持管理に関心のない人は、その建物を買わずに賃貸で暮らすことが推奨されることになります。

ピックアップ記事一覧