特集!ナレッジマネジメント徹底ガイド

総合ランキング

住友電工情報システム
総合評価★★★★★
アクセラテクノロジカビ式会社
総合評価★★★★
ゼロイン
総合評価★★★★

ナレッジマネジメントツールを比較できる

ナレッジマネジメントは、社員や企業の持っている知識や経験を全社で共有して、企業をより活性化させていく取り組みのことであります。こうしたナレッジマネジメントの取り組みは、ナレッジマネジメントツールを導入することでより効率的に行うことが可能になります。このツールを比較できるのが当比較サイトとなっています。とても便利なので、ぜひご利用下さい。

当比較サイトでは、数多くあるナレッジマネジメントツールの商品の詳細な特徴を比較することができるようになっています。当サイトを閲覧して頂ければ、ニーズに合致したナレッジマネジメントツールを探すことができます。またこのツールを人気別にランキングにして紹介もしていますので、ランキングも参考にしてみて下さい。

さらに当比較サイトでは、ナレッジマネジメントツールに関する役立つ情報を数多く提供しています。社員や企業にとって最適なナレッジマネジメントツールを導入するためのポイントを惜しみなく情報を公開をしています。当比較サイトにお越し下さった時には、ぜひこの情報を閲覧下さい。

住友電工情報システム

住友電工情報システムが用意しているクイックソリューションシステムは数メガのデータからテラレベルのデータまでを活用できます。ナレッジマネジメントを必要とする会社や部署に対して非常に運用しやすいシステムとなっています。AIを運用に活かしたクイックソリューションシステムは効率よくデータの活用をフォローしてくれます。

住友電工情報システムのクイックソリューションシステムは非常に利便性が良い為、2900サーバー以上での採用実績が豊富なナレッジマネジメントに欠かす事が出来ないシステムです。カスタマイズなどの融通が非常に利くことも特徴となっています。

住友電工情報システムのクイックソリューションシステムは実使用者の立場に立って作られています。どの様な職責の方でも非常にストレスなく使用が可能なシステムなのも特徴となっています。

アクセラテクノロジカビ式会社

アクセラテクノロジカビ式会社は、あらゆる企業、行政機関にナレッジマネジメント技術を提供する会社です。ナレッジマネジメントとは業務知識をデータ化し、初心者でも検索によってベテランの知恵を学ぶ事が出来ます。

実績として製造業や販売業、官公庁などは勿論の事、コンサルタントにもナレッジマネジメントが採用されています。業務内容やトラブルにタグを付けてタグ検索する事で専門用語を知らない初心者でも目的のページへと辿り着けます。

販売、設計、業務マニュアルなど、用途に応じたナレッジマネジメントサービスを提供中です。充実した知識量の確保のため、サーバー数やコンテンツ量の上限を取り払った無制限制度になっています。税別で月額35万円の定額制を実施中です。

ゼロイン

ナレッジマネジメントは、ロールモデルとなる成果やプロセスをナレッジとして掘り起こします。そして、整理して各セクションで共有するシステムになります。そのため、目的意識が全体に浸透するメリットがあります。

サービス形態は、様々な内容が用意されています。具体的な共有方法は、企業のイベントでのプレゼンテーションから、映像や冊子が利用されます。そして、メールの活用も駆使することによって、高い利便性を破棄しています。

特典は従業員一人ひとりの行動が増えることです。ゼロインからのビジョンや目標達成が明確化することによって、ナレッジの効果的な社内浸透が効果的に働きます。従業員一人ひとりの意識が変わることで、高い利益率がもたらされます。

みずほ情報総研

安定した収益源となる商品やサービスを有する企業であっても、新商品や新サービスを開発していかなければ、安定した経営基盤を確立することはできません。多様化している現代社会においては、商品やサービスのライフサイクルが短くなってきており、次期の主力となる商品やサービスの開発を進め、市場に投入していく必要があります。このために必要とされるのがナレッジマネジメントです。これは、組織内の人間が有する知識やノウハウ、経験などを蓄積し、再利用する考え方です。

新しい商品やサービスを開発するといっても、まったくの新規性を有する商品やサービスを開発はあまり期待できません。これまでに様々な市場のニーズに応えてきて、ある意味出尽くした観があるからです。今後は、これまでに培ってきた経験や知識、ノウハウを再編、融合して、新しい何かを作り上げることが必要になってきます。そこで必要とされるのがナレッジマネジメントシステムです。システムそのものはいくつも開発されていますが、その活用がうまくいっていないのが実情です。みずほ情報総研は、この状況を打開するために効果的なナレッジマネジメントシステムを構築しました。

みずほ情報総研は、ナレッジマネジメントシステムを利用するのはあくまでも人であることに着目し、新しいシステムを開発しました。蓄積した情報を体系化し、検索を容易にし、人と情報の距離を短くする発想です。関連する人や情報、モノを結びつけ、新しい商品、サービスを生み出すきっかけを提供します。そこから生まれたアイデアを具体化していき、新商品、サービスとして結実させていく画期的なシステムです。

日立ソリューションズ

日立ソリューションズでは、グループウェアやワークフローシステムなどの運用負荷や、維持費の削減に最適な商品が提供されています。サイト内からカタログをダウンロードできるほか、実際の導入事例も閲覧できるなど、掲載情報も充実しています。

システムの構築にも豊富な実績があり、トータルソリューションを希望している時にも最適です。IT技術で業務を効率化するノウハウを持っているため、業績改善を目指している際も役立ってくれます。何れの場合でも、ナレッジマネジメントに関する優れた商品で、各事業者の悩みを解決に導いてくれるのが、日立ソリューションズの強みです。

サイト内の専用フォームから問い合わせられるほか、フリーダイヤルでも商品やサービスに関して質問できます。受付時間は祝祭日を除く月曜日から金曜日の10時から17時30分です。

ベルシステム24

ナレッジマネジメントの管理のことなら、ベルシステム24に相談してみましょう。ベルシステム24に相談しておけば、あらゆるナレッジと属人化した暗黙知を集約して生産性や品質の向上を実現することが可能です。プロだからこそできる技と言えるでしょう。

とにかく多くのノウハウを抱えていますから、任せて安心です。どんな些細なことでも気軽に相談できる体制が整っていますし、さらに魅力的なアドバイスも行ってくれます。今まで悩んでいたことも簡単に解決してくれるでしょう。

ここまでしっかりしたサポートですと、かなり費用がかかってしまうのではないか、そう考える人は少なくありません。しかし、ベルシステム24なら納得のいく価格で対応してくれます。企業にとってもそれほど負担が大きくなるわけではないでしょう。

他の経営管理ツールにも増して整備する必要性の高いナレッジマネジメント

現在、第四次産業革命が進行中だという識者がいますが、AIやロボット技術導入により企業の自動化や省力化が進む一方で従来までの産業構造が変化している点を指しているようです。この変化の過程で企業では組織のスリム化を図るため中高年の希望退職募集等、人員削減が行われます。また一方で、企業の求人募集でひっ迫する雇用環境が続いているため転職先を探しやすい状況があり、多くの企業で転退職する人が増えています。中でも、若年労働者の減少傾向が続いていく中で若い従業員は企業が求人募集しても必要な人材が十分集まらない状態の続いている点を見抜いているようです。彼らは自らの職場の雰囲気や業務に不満があるとさっさと退職し、気軽に希望する職場探しする気持ちが生まれるようです。雇用市場でも履歴書に転職回数の多いことが書かれていても殆どマイナス要因にならない風潮になっているので、入社して数年の若い従業員の転職が流行っているようです。

一人の退職したことが他の従業員の転職希望に火をつける影響を恐れる企業もあるようです。社内がこのような状態ではベテラン従業員の持つノウハウや経験が次の世代に十分伝授されないで霧散してしまいます。また、スキルアップのため若手の従業員が社内教育や研修を受けても得たデーターやノウハウ等の社内知識を頭に入れたまま退職してしまうので技術や知識の社内集積ができなくなります。ナレッジマネジメント欠如状態というべきです。各企業内で営々と築かれてきたものの、産業構造転換期にベテランから若手へ代々つないできた企業風土が一気になくなってきました。このまま放置しておけば立ち遅れた企業になり、競合する企業との競争に競り負けてしまいます。そこで、各従業員の持つ知識を社内の他の全従業員と共有できるよう、ウエブファイルに集積し、保管しておけるツールを整備する必要があります。

このツールを活用すれば社内に集積した最新情報を迅速に利用して組織力を高め、生産性の向上に効果を発揮させられるわけです。膨大なネット情報が世界中を駆け巡る時代に企業は的確な方針を選択して最新情報に基づく経営を行うのに最適なツールだといえます。終身雇用制や年功序列制が霧散し、崩れ去った時代に多くの企業ではベテランでも若手でも従業員が転職するのをある程度止めきれない状況です。そこで、職場で人材が入れ替わっても常時安定経営を続けられるツールとして最新情報に基づく社内知識を整備しておく必要があるわけです。人材流動化の激しい時代には生産管理や財務管理等、経営の根幹に影響する管理ツールのアップツーデート化以前にナレッジマネジメントの整備が必要になっています。このため、ナレッジマネジメントの必要性が従来にも増して高まっている時代といえます。

カテゴリ

PAGE TOP